1日1食ダイエット|成功:大変満足

シェアする

1日1食ダイエット

1日1食ダイエットの内容詳細とその方法を選んだ理由

「1日1食好きなものを好きなだけ食べる」非常に単純な方法であるが、みるみるうちに体重が落ちる。

171センチ、65キロだった私が5ヶ月で7.5キロ減量した。

食べるものに制限はしない。

好きなものを好きなだけ食べるのである。

ある日の夕食は「油ギトギトのラーメン中盛り&半ライス、デザートはチョコレートパフェ」であった。

完全なデブ飯である。

しかし、毎週のように乗る体重計は常にマイナスだった。

1日1食が良いのには理由がある。

もともと人は1日2食だったそう。

エジソンがトースターを発売した当初、売るために朝食を流行らせたのが3食になったきっかけらしい。

さらに人間は動物である。

動物は常に飢えているのがデフォルトで、満腹状態のほうが珍しい。

食べすぎによって体を壊すことは多い。

胃もたれなどだ。

しかし逆はどうだろうか。

飢餓状態になるまで、はさすがに行きすぎだが、1食だけ満腹に食べるくらいでは過剰ではない。

結局のところ、ダイエットは「摂取カロリー-消費カロリー」である。

その数値が少ないか多いかで痩せるか太るかが決まる。

1食で1日の摂取カロリーを上回ることは、大食いチャンピオンでもないかぎりは無理だ。

以上の理由から「短期的に健康的に痩せること」を目標にこの方法をチョイスした。

1日1食ダイエットに行った対処方法、工夫、楽しみ方や苦労と結果

「好きなだけ食べる」というのがミソである。

ストレスが溜まらないのだ。

その1食しかないから、全力で食に向き合う。

それが持続の秘訣だ。

私はもともと2食だったこともあり、すんなり慣れることができたが、3食の人がいきなり1食にするのはきついかもしれない。

徐々に減らしていくことをオススメする。

1日1食の効果は他にもある。

寝起きがものすごくスムーズなのだ。

疲れが残らない。

寝てる最中に胃が動いていないことが大きな原因らしい。

空腹時に若返りホルモンが分泌され、美肌効果があることも医学的に証明されている。

さらに風邪を全くひかないのである。

医者ではないので詳しくは不明だが、ネットで調べたところ、これも1食効果が大きいらしい。

今では間食するのも嫌になり、空腹感が心地よくも感じる。

「付き合いで夕飯を食べなければならない」「ランチミーティングがあるから1食は無理」そういう人もいるだろう。

だから、できるとき、無理しない程度に、というのも大事なポイントだ。

ダイエットは継続が全てだ。

劇的な変化をもたらした「1日1食」だが、唯一の欠点を上げるのであれば、短期間で凄まじく痩せるので、周囲から心配されまくるのが少々めんどうである・・・病気じゃないって言ってるのに…

1日1食ダイエットをしてみようと思っている方へおすすめやアドバイス

上記したとおり、このダイエットは慣れることが大切である。

自分との闘いだ。

私は夕方4時に1食を食べることが多い。

それまではお茶で過ごす。

正直腹は減るが、慣れているので空腹感があるほうがよい。

突然1食にするのはさすがに抵抗がある人は、まず朝食を抜いてみよう。

その時間を睡眠にあてても良し、読書するでも良しである。

そこから夕飯まで我慢してみる。

夕食の際はお腹いっぱいなんでも好きなものを食べると良い。

まずカロリーが過剰になることはない。

私と同じく「1日1食」を何年も行っている女性がいるが、50代を過ぎているとは思えないほど若く美しい。

もちろん「ガリガリで見苦しい」ということもない。

健康的に細いのである。

不思議なことに体重は適正になると止まる。

それ以上は落ちないようなメカニズムらしい。

単純にいらない脂肪が落ち、疲れにくくなり肌がきれいになって体が丈夫になった、という印象である。

さらに食費が削減され時間も出来てお金が掛からない。

某ジムに何十万も払っている人が信じられない、と私は思ってしまった結果だった。

私の妻も1食ダイエットを行っているがもともとアトピーもちだった肌がすごく綺麗になった。

本人の非常に喜んでいた。

痩せる以外も思わぬ効果を引き起こしてくれる「1日1食」ダイエット。

試してみてはどうだろうか。

スポンサーリンク







シェアする

フォローする

スポンサーリンク