スポーツジムでダイエット|やや不満:いまいち

シェアする

スポーツジムでダイエットの内容詳細とその方法を選んだ理由

運動しているのに痩せないジムの罠社会人になると運動する機会がなくて、だんだんと太ってきてしまいした。

特に胴回りが太くて、長めの上着で隠していたのですが制服のスカートもきつくなり、ちょっとこれはヤバイなと思ったのがきっかけです。

一応、腹筋でもするか…と決めた時期があったのですが、やっぱり一人で地道に努力するのは難しいというか。

腹筋運動をしても、ちょっと楽をして回数だけを稼いでいるなと自分でも思いましたし長続きしませんでした。

そこでちょうど家の近くのスポーツジムで「入会金無料、月会費一ヶ月無料」というキャンペーンをしていましたので、思いきって入会することにしました。

入会前に施設の見学もさせてくれたのですが、それも決め手になったと思います。

わりと新しめのジムで、プールも二種類あり、ひとつは水泳専用、もうひとつはアクアビクス専用だけれどもプログラムがない時間は自由に使ってよいプールがありました。

ちょうど見学したときは、アクアビクスのない時間でゆったりと年配の女性が泳いでいたのです。

水泳はふつう数人でレーンを利用するので、泳ぎの早い人が同じレーンにいると休む暇も無く、すぐにスタートしないといけないですし、ときには「早くしろ!」という感じで煽ってくる人もいるんですね。

それを以前、市民プールで経験していましたので…空いているプールがあるのはいいな!と思いました。

スポーツジムでダイエットに行った対処方法、工夫、楽しみ方や苦労と結果

まずジム用の靴とプール用の水着、ゴーグルなどを買わなくてはいけませんでした。

アクアビクス用の水着というのが結構高くて出費が痛かったですが、まあ痩せるためだと思いまして一式揃えました。

そのジムでは入会したばかりの人用のオリエンテーションをしてくれて、初回はスタッフの人がマシンの説明やスタジオプログラムの説明をしてくれました。

筋トレ用のマシンは今まで使ったことがなかったので、全種類を最初に説明してくれたのはありがたかったです。

マシンには適正な負荷の重さというものがあり、それぞれのマシンには女性ならこれくらい、男性ならこれくらいという目安の重さも書いてありました。

とはいえ、マシンの筋トレというのは本当に地味な作業です。

私はあまり根性のないタイプなので、楽な重さにしがちで結果的に筋肉がついたという感じにはなりませんでした。

それで、ちょっとできるか不安でしたが、強制的に運動せざるを得ないスタジオプログラムに参加し始めました。

まず最初は初心者向けのエアロビクス。

これは歩くことが中心で派手にジャンプしたりということがないので、初めての自分でもできました。

ただ、専門用語というか、慣れてないとインストラクターの言葉(例えば、歩くときは「マーチ」、後ろに下がるときは「バック」などという専門用語がある)がわからないと思います。

これは何回か参加してみると慣れてきて、すぐに次の動作に移ることができるようになると、音楽に合わせて運動するのが楽めるようになってきました。

そのうちに初心者向けのプログラムが物足りなく感じてきました。

体力もついてきたのだと思います。

それで徐々に運動量の激しいプログラムへと進んできたのですが…これだけ運動しているのだから、少しくらい食べてもいいだろうと、そんな甘えた考えが出てきました。

上級のプログラムになると汗の量もすごいので、とても喉が乾きます。

そのせいか、帰りにビールを買って飲んでしまうこともありました。

ジムで運動しているのに痩せない、という残念な結果で終わってしまいました。

スポーツジムでダイエットをしてみようと思っている方へおすすめやアドバイス

スポーツジムは会社によって特徴がありますので、必ず見学に行かれた方が良いと思います。

マシンは新しい方がいいです。

すごくボロボロで汗の染み付いているようなマシンを置いてあるジムもあります。

また、その人のタイプにあった設備やプログラムのあるジムを選ぶべきでしょう。

私はプールが良いなと思って入会しましたが、水泳が苦手ならプールのないジムで十分です。

プールのあるジムの方が月会費が高いことがありますので費用面でもプールの有り無しはチェックした方がいいでしょう。

また、ジムの風呂場も必ず資料くらいは見せてもらうとよいと思います。

(裸の人がいるので見学できないジムが多い)特にシャワーカーテンがあるかどうかは重要です。

以前、スイミングに通ったところではなんとシャワーは仕切りのみでカーテンがないので洗っているところが丸見えでした。

痩せているならともかく、ちょっと体に自信がないときには困りますよね。

私の通ったジムはサウナも低温と高温の二種類あり、風呂にもプールにもジャグジーがありました。

運動は疲れますし、ダイエットもストレスが溜まりますがのんびりリラックスできる施設のあるジムはオススメです。

社会人で残業の多い人だと平日の利用時間がほとんど取れない場合もありますし、土日も疲れて行けないということもあるでしょうが、何かジムで楽しみを見つけるといいと思います。

他にはスタジオプログラムに参加していると、同じメンバーとよく顔を合わせることになります。

声をかけられたり仲良くなれますので、一緒に頑張ろうという気になるのもよいです。

ただ、私のように運動しても夜食べてしまったらあまり効果がないので、それだけ気を付けてください。

スポンサーリンク







シェアする

フォローする

スポンサーリンク